【  2009年09月  】 更新履歴 

  --.--.  【 スポンサー広告 】  スポンサーサイト   さわりを読む▼
  09.02.  【 先行研究 】  難民と古典②――ジョン・ロック『統治二論』(その2)――   さわりを読む▼

◆2009年08月     ◆2009年09月       ◆2009年10月

スポンサーサイト 

スポンサー広告


難民と古典②――ジョン・ロック『統治二論』(その2)―― 

先行研究

  社会契約論の意義は、文字通り国家による統治が社会契約に基づくものであるとすることにあります。ジョン・ロックの社会契約論の場合で言えば、人々はより効率的に自身のプロパティ(個人の持つ権利や財産の総体)を保全するために、元来自分自身が持っている権力を統治者に委託する契約を結んでいることになります。ですから国家は当然のことながら、契約をきちんと履行する義務が有り、委託された権力は人々のプロパティを守る...全文を読む


プロフィール


FC2カウンター


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。