スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO対策難民 人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ

*Edit TB(-) | CO(-) 



概念と実体①

 難民って何?そう聞かれた時にどう答えるのかは人によってまちまちです。例えば法律を勉強している方であれば「人種、宗教、国籍もしくは特定の社会的集団の構成員であることまたは政治的意見を理由に迫害を受けるおそれがあるという十分に理由のある恐怖を有するために、国籍国の外にいる者であって、その国籍国の保護を受けられない者またはそのような恐怖を有するためにその国籍国の保護を受けることを望まない者」という難民条約の“定義”を答えるかもしれませんし、現場でみっちり難民支援をしている方でしたら、「○○さんとか、△△さんみたいな人だよ~」と“人”で説明するかもしれません。さらに難民問題のことあまりを知らない人の場合には「食べるものがなくて可哀そうな人たち」と“イメージ”を答えることも考えられます。
 このように“難民”という言葉はあるときは難民の定義(概念)を指し、またある時は難民という人々(実体)を指します。まあ当たり前といったら当たり前なんですが、問題なのはこれらの概念や実体というものが必ずしも自明ではなく、しかも概念と実体は常にお互いに干渉し合いながら変化しているという点です。もし最初から明らかに識別可能な難民という集団がいて、その人たちを難民と定義するなら話は簡単でした。(定義と人々が完全に一致するから)しかし実際にはそうではありません。現状は簡単には線引きできないような人々の集まりに対して、とりあえず難民という概念を設定し、その概念に基づいて実体を“想定している”に過ぎないのです。

(続きます。次回は6月2日です。)

SEO対策難民 人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ

*Edit TB(0) | CO(0) Tag List  [ * ] 



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


この記事のトラックバックURL
http://asylee.blog47.fc2.com/tb.php/2-d34d62a5



Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。