スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEO対策難民 人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ

*Edit TB(-) | CO(-) 



日本から出て行った難民?②

 難民救済法に規定されている難民の定義は以下のようなものです。

 迫害や迫害の恐れ、自然災害や軍事行動によって居住地を追われて戻ることができない者で、再定住をしておらず、かつ緊急の援助を必要としている者、また共産主義者でなく共産圏にいない者(any person in a country or area which is neither Communist nor Communist-dominated, who because of persecution, fear of persecution, natural calamity or military operations is out of his usual place of abode and unable to return thereto, who has not been firmly resettled, and who is in urgent need of assistance for the essentials of life or for transportation)

(参照:Documents of American History II

日本政府はこの定義の中の自然災害(national calamity)という部分に着目し、これを建前にして日本人をアメリカに移住させられると考えたわけです。この法律について1954年に外務省の移民課長がこんなことを言っています。

 (引用者注:日本人をどうやったら海外に送り出せるかという話。)それから次にアメリカ合衆国の五百名ということを考えておりますが、難民救済法が昨年できまして、戦災者でありますとか、或いは中共地区からの引揚者でありますとかいうような、或いは風水害の被災者でありますとかいうような人々で、そのために現にまだ定着できないでいる生活の非常に困窮しているようなものにつきましては、アメリカが難民救済法に基きまして入国を許可するわけでございます。全体ではアメリカは二十万人の入国を許可することになつております。この法律自体が大体がヨーロツパの、殊に東独からの避難民というようなものを対象としてできておりますから、極東地域は僅か三千人しか割当がないのでございます。ただ中国は別でございますが、中国を別にいたしまして、極東地域で三千人の割当がある、そのうち然らば日本人が何人入れるかということは実はわからないのでございますが、まあフィリピンなり、朝鮮なりその他の所と競争しながら一人でも多く向うに送りたいということで来年は五百人送りたい。…」

(1954年の運輸委員会の議事録より:強調は引用者)

 この発言を見たときは本当に驚きました。外務省が国策として、一人でも多くの日本人を国外へと=しかも難民として=送り出そうとした時代があったわけです。ちなみにここで言う「風水害」とは台風などを指しており、鹿児島などの地域から1000人程度の人々が移住したようです。
(続く・・・次回は7月28日です。)

SEO対策難民 人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ

*Edit TB(0) | CO(0)



~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


この記事のトラックバックURL
http://asylee.blog47.fc2.com/tb.php/6-e4bd503c



Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。